[0]HOME
公開日:2018年10月5日
【10/05】高値波乱の様相

こんにちは伊東です。

つい先日の夜中の地震アラートは久しぶりにヒヤッとしました。

とにかく音が大きく家中の携帯電話だけでなく、近所の方々の音までもが爆音で町中に響き渡った感じでした〜

まあ、何はともあれ何も起きず被害もなかったようなので良かったのですが、もう少し精度を高めて頂きたいなあ〜と感じた次第です。

インドネシアの方でも頻繁に地震は起きており我々もいつ来るかわかりませんが備えはきちんとしておくべきですね。

ただ、このようなネタで尽きないのが全く当たらない無責任な予感であったりとか何時頃大地震が来るなどの適当な事を言うのは如何なものかと思いますね。

株の世界だったら、とっくに「風説の流布」になるのですが、、、

さて日本株の方ですが、先日第4次安倍政権の産業革命とも言える骨子が固まった模様です。

最も重要視されたような部分はやはり、人材、雇用、次世代産業、病気などへの備えと言った感じです。

恐らくこの年末へ向けた相場環境の中で、この国策とも取れる政策が後ろ盾となった銘柄の中に飛躍する銘柄が出てくることでしょうね。

指数はここ最近高値波乱の様相で24000円オーバーは利食いが相当出た模様です。

ただ、先日発表となった投資家別の売買動向を見ましても外国勢はまだ買い越しており特に今回は現物株の買いが目立った模様です。

指数はテクニカル的にこの下押しの場面は週足5週線の23480円程度が落としどころとなりそうです。

ネガティブな発言をする方々はインドやイタリヤなどの話を持ち出しておりますが、日本株におきましては「1990年のバブル後の高値を抜けた」これがシグナルではないかな〜と思っております。

まあ、こんだけ上がれば売りも出ると思いますし多少の調整は致し方ないのかなと思います、「毎日ずーっと上がる相場なんかありませんし」

それでは三連休ゆっくりとお過ごし頂き来週もまたお会いしましょう。

今週の恒例の一銘柄は【6629】テクノホライゾン  当たり屋筋が買ってきたようです出来高も増えてきました「割り切りで」

«前の記事
【9/28】株式投資と日経平均
»次の記事
【10/12】急落劇の裏側の犯人は…
伊東聡プロフィール
コラム一覧

安心オススメ!
まずは無料体験版でお試し

メニュー
無料情報GET
ホーム
伊東の本音コラム
会社概要
特定商取引法に関する表記
個人情報保護方針
利用規約
有価証券等に係るリスク
利益相反管理規程
お問い合わせ

↑[9]ページのトップへ
↑[0]HOMEへ

■金融商品取引法第37条に基づく表示
商号等
株式会社G&Dアドヴァイザーズ(金融商品取引業者)
業務内容
投資助言代理業
登録番号
関東財務局長(金商)第1756号
加入協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
会員番号
第012-02487号
Webサイト
https://www.jkja.jp

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
また、当社は投資助言業者としてHP上、メールマガジン上で適宜情報を提供しておりますが、利用者の皆様からの個別的な相談等には応じておりませんので、ご了承下さい。


© G&D advisors.