[0]HOME
公開日:2018年11月9日
【11/09】米中間選挙後の行方

こんにちは伊東です。

米国中間選挙の行方は上院で共和党の勝利、下院では民主党の勝利と以前の日本で起きた現象「ねじれ国会」になりました。

ですがこれまで数々の傍若無人な「トランプ発言」に悩まされた我々日本の投資家にとってはニュアンスもこれから柔らかくなることを考えればもしかしたら良かったのかもしれませんね。

まだまだ株式市場全体は米国債の上昇を気にしながらの展開ですが、一時の急落時の需給状況からはだいぶ和らいだようにも感じます。

国内外の大所の決算も大まか出てきており、国内の決算を見てもやはり中国の減速懸念から多少トーンダウンとなった決算見通しの企業が多かったような部分が目に付きます。

まだ、世界の不安心理を煽る連中は相変わらずドイツ銀行の不振説を唱えておりますが、現実はドイツ銀行:ストレステスト結果のCET1比率、約8%に改善の様です。

何れにしましても万が一ドイツ銀行が何らかの経営不安のような事態となればまずはイタリヤやトルコの中小の銀行がまずい展開に至って〜と言う事になるでしょうね。

ですので、このイタリアやトルコ辺りの銀行の不安説などが流れだしたら、ここぞとばかりにショート筋は一気にメディア戦略を仕掛けてくる可能性もあり、またもや指数の売り崩しから売り仕掛けをかけてくる可能性もありますので注意したいですね。

一先ず、日本株も今の所は年末の好需給相場に向かっている様にも感じますので少しづつポジションを取りつつの勝負も良いと思われます。

最近の決算後の株価動向を見ますと意外に冷静な部分も見られ、安くなった減益や下方修正の株に対し打診買いが入り株価が戻りを入れると言った「材料出尽くし」の好環境になっている様に感じます。

また、先日までの下落相場において強制決済を強いられた所謂、「筋」のような連中も一息ついたようでここ最近仕手系の材料株にも大分戻りも見られます、証券関係者によればボチボチその類の方々の注文も入り始めたそうです。

11月の相場はここ6年間無敗の様ですのでここからの好需給相場に期待して参りましょう。

新元号により挙式を含め出産も増えるとの報道もありますね【4696】ワタベウェディング注目していきましょう。

それではまた来週お会いしましょう。


«前の記事
【11/02】大幅下落からの…
»次の記事
【11/16】悲観と懐疑の途中段階か
伊東聡プロフィール
コラム一覧

安心オススメ!
まずは無料体験版でお試し

メニュー
無料情報GET
ホーム
伊東の本音コラム
会社概要
特定商取引法に関する表記
個人情報保護方針
利用規約
有価証券等に係るリスク
利益相反管理規程
お問い合わせ

↑[9]ページのトップへ
↑[0]HOMEへ

■金融商品取引法第37条に基づく表示
商号等
株式会社G&Dアドヴァイザーズ(金融商品取引業者)
業務内容
投資助言代理業
登録番号
関東財務局長(金商)第1756号
加入協会
一般社団法人 日本投資顧問業協会
会員番号
第012-02487号
Webサイト
https://www.jkja.jp

金融商品への投資はさまざまなリスクを伴い、元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずる恐れがあります。
『有価証券等に係るリスク』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。
当社の投資助言や情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。
HP上、メールマガジン上の情報は、あくまでも情報の提供であり、資産運用、投資等の判断については利用者の皆様自身の責任でお願いしております。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。
また、当社は投資助言業者としてHP上、メールマガジン上で適宜情報を提供しておりますが、利用者の皆様からの個別的な相談等には応じておりませんので、ご了承下さい。


© G&D advisors.